人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索

    車に轢かれた時に


    「お宅はどこにおったのかな、車に轢かれた時?」

    「その車の前でした、裁判官殿」




    „Wo befanden Sie sich – als Sie überfahren wurden?“
    „Vor dem Auto, Herr Richter.“


    何と馬鹿な質問をする裁判官か、と被告は思ったかどうかは
    知りませんが、そんな思いを持ったとしても
    裁判官からの質問には馬鹿丁寧に答えているのですね。

    尤も車の後ろにいて轢かれることだってあるかもしれませんね。
    というか轢かれるとするならば大抵は車の前に決まっている
    のではないかと思いますが、どうでしょう。

    前か後か。
    被害者から見ればいつも前に決まっているでしょう?
    それとも横でしょうか、上でしょうか、下でしょうか。


       * * *   * * *  *  *

    さて、ドイツ語ではどのように表現するのでしょうか。

    車の前、はドイツ語でどういうかは分かりますよね。

    車の後、は?

    車の横、は?
    右横?
    左横?

    車の下、は?

    車の上、は? 
    車の屋根に接した上? 
    車の屋根から離れた上?
    車の屋根、ドイツ語では?


    ドイツ語を学び始めた頃でしたか、
    位置関係を表現するドイツ語前置詞の数々を
    思い出しますか?

    車の中、は?

    車の外、は?

    車の隣、は?

    車の近く、は?

    車の回り、は?

    車から離れた所、は?


    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 14:40 | Comment(0) | 法廷での会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする