人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    青赤緑イチゴ


    お父さんが息子と一緒に森へと行った。
    イチゴ採集だ。

    息子が聞いた。
    「これはなんと言うイチゴなの?」

    「青(ブルー)イチゴだ」とお父さん。

    「でもどうして赤(レッド)イチゴなの?」

    「まだ緑(グリーン)イチゴだからだよ!」








    Ein Vater geht mit seinem Sohn in den Wald.
    Sie sammlen Beeren. Da fragt der Sohn:
    "Was sind das für Beeren?"
    "Das sind Blaubeeren.", antwortet der Vater.
    "Aber warum sid die rot?"
    "Weil sie noch grün sind!"



    Blaubeeren(ドイツ語)

        ↓       英語では、、?  日本語では、、、?
    Blaubeere_S.jpg


       *     *     

    青だったり、赤だったり、緑だったり、とクルクルと色色変わりますね(笑)。
    全ての被創造物には成長の期間が必要になっているのですよね。
    人間だった、動物だって、植物だって、
    何々一語イチゴだって成長して成熟するのですよね。
    時間が掛ります。手間が掛ります。


    Blaubeeren

    確かに文字通りには「青イチゴ」と読めるのに、
    実際は「赤イチゴ」なんですよね。

    えっ、そうではない? お父さんはうそをついている? 

    赤イチゴなんて真っ赤のウソ!?
    ジョーク上の話のつなげのためだったのかも、ね。
    今度会ったらお父さんに聞いてみましょう(笑)。


    とにかく、そこで息子さんはお父さんにその理由を聞いたのでしょう。

    それはまだ”グリーン”イチゴだからだ、とお父さん。

    ”緑(グリーン)”というのは色のことを指すだけでなく、
    まだ成長過程にあるものを指しても言います。知ってた?(笑)

    青だったり、赤だったり、緑だったり、これって交通信号みたいな、
    イチゴですね。成長過程での色々な色の変化。

    交通信号だって時間が来れば色が変わりますよね。
    それぞれの色には暗黙の意味があるようですが、
    その意味通りにいつも通行人やら運転手たちが行動するとは限りませんね。
    私が証人です。





        *   *

    さて、日常お目にかかるイチゴの種類をちょっと思いついたものだけでも挙げてみました。

    Himbeere(ドイツ語)
    我が家の庭で栽培中
        ↓   英語では何と言う? 日本語では何と言う? 
    Himbeere_S.jpg

























    Erdbeeren
    ↓ 
    erdbeere.jpg

    これは一番ポピュラーですね。
    我が家でも毎年、近くのイチゴ菜園に出掛けて行ってイチゴ狩りをします。
    バケツに一杯採集して、計り売りをしています。採集しながら、手はバケツの方へ向かったり、
    口の方へと向かったり、お腹一杯になって重たいバケツを精算所まで運んでゆきます。








    Johannisbeeren
    ↓ 
    johannesberre.jpg












    Heidelbeeren
    ↓ 
    Heidelbeere_2.jpg























    Preiselbeeren 
    ↓ 
    preiselbeere_S.jpg


    オーストリア人が一番好きなオーストリアン料理 Wienerschnitzel をレストランで注文すると
    普通、レモンの一切れと、このPreiselbeerenジャムがよく付いてきます。
    ポテトサラダ付きのもあるようですが。
       
    Beeren!
    他にもあるかと思いますが、ご存知の方はお教えください。

    ドイツ語版「星の王子さま」
    ドイツ語辞書

    タグ:イチゴ

    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | パパと息子との会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック