「犬税」は直接税? 間接税?




担任の男の先生が学校で生徒たちに「税金」という概念を説明していた。

「”所得税”というのは直接税の一つなんだ。
 就労者の賃金から直接引かれるものなんだよ。
 君たちの中で間接税の例を一つ知っているかな?」

「”犬税”!」

「どうして?」

「だって”犬税”は犬が直接には支払わないからです」



Der Lehrer erklärt den Kindern in der Schule den Begriff 'Steuern':
"Die Lohnsteuer ist eine direkte Steuer. Sie wird dem Arbeitsnehmer direkt vom Lohn abgeszogen. Wer kennt denn eine indirekte Steuer?"
"Die Hundesteuer!"
"Wieso?"
"Sie wird vom Hund nicht direkt bezahlt."





   * *

Die Hundesteuer 
「犬税」というものがあるのですか!?
犬を飼っている人が犬に代って支払う税金でしょうか。

「猫税」もあるのでしょうか!? Die Katzensteuer?
猫を飼っている人が猫に代って支払う税金でしょうか。


        *  *

「犬税」はあるのに「猫税」はないのはなぜだ!?
とインターネット上で疑問を呈している人がいました。

ドイツでは年間100ユーロ以上、犬所有者は「犬税」を支払うらしいです。
でも「猫税」はない、今後もないだろうとか。

スイスはチューリッヒカントン州では「猫税」を導入したいとか。
理由があるのでしょう。

オーストリアは我が近所、猫を飼っているお宅が多い。
犬を飼っているお宅が一軒。最近はやたらに吠えまくることもなくなって
ちょっとほっとしています。
オーストリアでも動物税を徴収しているのかは知りません。

日本ではどうなっているのでしょうか。
西欧諸国に倣えでしょうか。犬猫を飼ったことはありませんので分かりませんが。


簡単そうな問題なのに

この記事へのコメント