人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    女性侮辱発言で訴えられた被告人

    →世界の日本人ジョーク集 →続・世界の日本人ジョーク集

    侮辱の疑惑で訴えられた被告人は裁判官の尋問を受けた。
    「被告人、お宅は後ろのベンチに腰掛けているあのご婦人に向かって
     ”あんたは<とんまな牛>”と言ったという、それは本当かな?」

    被告人は後ろを振り向いた。その婦人をしばらく眺めていた。
    そして裁判官にこう言った。
    「あのう、裁判官殿、もうはっきりしたことは覚えていません。
    でもあの婦人を長く観察していればいるほどそれは本当だとわたしには思えてきます!」









    相手を侮辱することばは何も日本語だけではない。
    ドイツ語にもあるようです。その一つが女性侮辱になるらしい、
    この「牛」さん侮辱ということでしょうか。迷惑なのは牛さんなのでは?

    被告人のことば、長く眺めていると自分の言ったこともまんざら当たっていないとも言えないと言いたいのでしょうね。その人を眺めていると動物のイメージが湧いてくるのでしょうか。面白いですね。そういえば、人間の顔に似た犬がインターネット上で話題になっていますね。


    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷での会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック