煮豆が大好きな男


昔、ある男がいた。煮豆を食べるのがものすごく好きだった。

煮豆が大好きだったのはいいのだが、煮豆にはいつも何と言うか不快な、そしてどちらかというと「生き生きとした」作用をその男に及ぼすのであった。。


ある日のこと、彼はある女の子と知り合いになり、彼女に惚れ込んでしまった。

その後、二人がお互いに結婚しようよとなった時、彼は思った。

「あの娘はオレとは絶対結婚しないだろうな、このことを止めなければ」 gekochte Bohnen_1

つづく→ 大好きな煮豆を諦めた男?





     *   *

このある男とは、もしかして、こちらの野菜市場に行かなかったでしょうか!?

いろいろな野菜を一キロごと購入していましたよね。
そして、最後にはお豆も購入したかったのですが、哀れにも販売人に断られてしまいましたよね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック