人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    猟師の発砲誤謬


    裁判官:
    「さて次に、マイゼガイアー氏、どうして同僚の猟師に向けて発砲したのか暴露して貰えるかな」

    「興奮状態にあって同僚のことを鹿だと思ったんですよ」

    「でご自分の間違いに気がついたのはいつかな?」

    「その鹿が逆に発砲してきた時ですが、、、、」
    Jäger-Irrtum →


















          *    

    確かに、実際の鹿が発砲し返すことはあり得ないことですよね。

    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷での会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック