人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    尿の砂糖検査


    ある男の人が薬局にやって来て、薬剤師に訊いた。
    「もしかして砂糖はありますか?」

    薬剤師はちょっと姿を消した。
    シュガーパック一つを持って戻って来た。

    男:「スプーンもありますか?」

    薬剤師はカウンターの下に手を入れ、スプーンを取り出した。

    男はスプーンにシュガーパックから砂糖を少し取った。
    そしてズボンのポケットから小瓶を取り出し、
    その中身を砂糖の上にポタリ、ポタリ、ポタリとニ、三滴垂らした。

    男は薬剤師に尋ねた。
    「ちょっと味を試してみますか?」

    薬剤師は味を試した。そして訊いた。
    「それで、つぎは一体どういうことなんですかな?」

    男;「いやもうこれだけのことですよ。掛りつけのお医者さんが薬局に行ったら尿を砂糖の上でテストさせなさいと言っただけなんですから」

    ドイツ語原文



    *  *

    この男の人は掛りつけのお医者さんがおっしゃったことを文字通り実行したのですね。

    で確かに薬剤師さんは尿の砂糖検査(味見検査?)をさせられたことになるのでしょうね。

    ところで取り立ての尿は別に汚くもなく、
    無菌であるということです、
    ご存知でした?(笑)

    それにしても、薬剤師さんは知らぬ間に甘い尿を味わったのですね。
    甘い尿?
    それって糖尿のことではないのではないのでしょうか!?

    その男の人は糖尿病検査に行かされたのではなかったのでしょうか!?
    さあ、どうなんでしょうか。

    Ein↓schönes Klicken bitte!
    Danke↓schön!
    タグ:尿 砂糖

    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 17:11 | Comment(0) | 人間模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント