人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    頭脳家三人寄れば、文殊の知恵?

    エンジニア、数学者、物理学者の三人が大学の校旗ポールの所に立っている。
    何時間かした後で英語教授が通り掛った。

    「皆さん、ここで何をしているのですか」と教授。

    「この校旗棒の高さはどうなのか調べてくれるようにと我々は課題を得たのですよ。」と一人が答えた。「で、ちょうど今、どの公式を使えば一番良く計算出来るものかと(何時間もずっと)考えていたところなんですよ」

    「ちょっと待ってください!」と教授。

    校旗棒を支え穴から取り出し、芝生の中へと置いた。メジャーを取り出し確認した。
    「ちょうど7メートルですよ!」
    校旗棒を元のように立て直し、そこを去った。

    「文献学者奴!」と数学者は罵った。「我々は高さの話をしているのに、長さを出すなんて」

       *  * 

    頭の良いお三人にとっては、「高さ」と「長さ」とは違うのでしょうね。

     また、英語教授が巻尺を日常? 携帯しているのもおかしいですね。おかしい、とは面白いということですが、変だという意味も兼ねています(笑)



    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     

    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪↑ 
     
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人間模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック