人気記事

    スポンサーリンク


    ブログ内検索


    両方の耳をヤケドしてしまった金髪嬢

    金髪嬢、両方の耳を火傷してしまった。

    「どのようにしてそれが起こったのですか」と急いでやってきた医師は彼女に聞いた。

    「アイロン掛けをしていたところ電話が鳴って、間違ってアイロンを耳の所に持ち上げてしまったのです」

    「そうですか。でももう一つの耳も火傷するとはどうしてですか」と医師。

    「先生に電話をしようとして起こったのです」



    電話掛けジェスチャーということで序に思い出すのですが、
    ドイツの有名な Komiker である通称 Otto さんが、
    新年のお笑い番組(ベルリンでワンマンショー)のライブ(または録画?)を見ていたら、
    テーブルに向かって腰掛け、ちょうどこの電話を受けるというシーンが展開されようとしていました。

    電話が鳴ったということで、目の前にあるバナナ一本を取り上げて、
    受話器のつもりで耳に宛がっていました。

    あっ、間違えた、と受話器の通話口を耳に宛がってしまったと気づいたのか、
    バナ(わたしも間違えた)ナ、
    上下反対方向に持ち換えて電話し直していました。
    (これはもう余り受けるようなジェスチャーではないですね。
    もう見慣れています、少なくとも私にとっては)

       *  * 

    愛すべき金髪嬢、わたしはこういうのが好きです。当の金髪嬢にはお気の毒ですが。


    タグ:ヤケド

    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪

     

    スポンサーリンク

    posted by witzler at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛すべき金髪女性たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック