目玉焼きの方が高すぎる!?


「ボーイさん、
 目玉焼き二個はどうして炒り卵二個よりも高いのですか」

「目玉焼きの方は後で勘定が出来るからですよ」






"Herr Ober – wieso sind zwei Spiegeleier teurer als zwei Rühreier?”
“Weil man Spiegeleier nachzählen kann…”


Spiegeleier > Spiegelei == fried egg
Rühreir > Rührei == scrambled egg
nachzählen == to recount


炒り卵については勘定が出来ないということでしょうか!?
確かに見た目は、ちょっと、、、難しいかもしれませんね。



ボーイさんの説明は了解できますか。
posted by witzler at 16:53
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク Comment(0)人間模様

空港で出発便を待つ女性に何が起こったのか、、、

In dieser Geschichte geht es um eine Frau,
die am Flughafen mehrere Stunden auf ihren Flug warten musste.
Sie kaufte ein Buch und eine Packung Kekse, um sich die Zeit zu vertreiben.
Sie sah sich nach einem Platz zum Sitzen um und wartete.

ある女性が空港で自分の飛行便を何時間と待たなければならなかった。
本一冊とクッキーの包みを一つ買って、待ち時間を過ごすことにした。
周囲を見渡して腰掛ける場所を見つけた、そして待っていた。

Sie war in ihr Buch vertieft, als sie plötzlich einen jungen Mann bemerkte,
der neben ihr saß und ohne zu zögern nach der Packung Kekse griff,
die zwischen ihnen lag. Er begann, einen Keks nach dem anderen zu essen.

彼女は本に夢中になっていた、と突然自分の傍に腰掛けている若者一人に気が付いた。
若者は二人の間にあったクッキーの包みを遠慮せずに掴んだ。
と同時にクッキーを一つ二つと続けざまに食べ始めた。


Die Frau ignorierte sein Verhalten, um eine Szene zu vermeiden.
Trotzdem war sie etwas genervt und beobachtete ungläubig,
wie der junge und schamlose Keksdieb die Packung langsam aber sicher leer aß.

同女性は若者の態度を無視した。というのも騒ぎを起こしたくなかった。
それでも彼女はちょっとイライラしたし、その若い破廉恥なクッキー泥棒が包みの
中身をゆっくりと、でも確実に空っぽになるまでどのように食べるのか、
信じられないといった風に観察していた。


Sie begann, sich zu ärgern und dachte:
„Wenn ich keine so gute Erziehung genossen hätte,
würde ich diesem unverschämten Mann ein blaues Auge verpassen.“

彼女は頭に血が上り始めた。そして思った。
「私としては良い教育を受けていなかったとしたら、この恥知らずの男の
目玉に一発食わしてやるところだわよ」


Jedes Mal, wenn sie einen Keks aß, nahm sich der Mann auch einen.
Als nur noch ein Keks übrig war, fragte sie sich, was er jetzt tun würde.
Langsam und mit einem nervösen Lächeln nahm der Mann den letzten Keks
und brach ihn in zwei Teile. Er bot eine Hälfte der Frau an,
während er die andere Hälfte selbst aß und die leere Packung wegwarf.

彼女がクッキーを一つ食べる度ごとに、その男も一つ自分用に食べる。

最後にクッキーが一つになったとき、その男は今やどうするものやら、
と彼女としては自問した。

ゆっくりと、そして神経質な笑顔を見せながらその男は最後のクッキー
を取り、それを二つに割った。半分をその女性に提供、と同時にもう一つの
半分を自分で食べた。空になった包みは投げ捨てた。

Schnell nahm sie den Keks und dachte:
„Was für ein unverschämter Mann! Er hat nicht einmal Danke gesagt!“
Sie hatte in ihrem ganzen Leben noch nie so eine unverschämte Person
getroffen. Erleichtert hörte sie, wie ihr Flug aufgerufen wurde.
Sie nahm ihre Taschen und ging zum Flugsteig,
ohne nach hinten zu blicken, wo der Keksdieb saß.

直ぐにも彼女はクッキーを食べた。そして思った。

「まあ何と恥知らずの男か! 感謝の言葉さえも何も言わないとは!」

彼女は今日まで自分の人生でそのような破廉恥な人には一度も会ったことがなかった。
自分の出発便のアナウンスを耳にして彼女は気が楽になった。
自分のバッグを手に取り、搭乗ゲートへと歩いて行った。あのクッキー泥棒が
腰掛けている場所に向かって振り返ることもしなかった。

Nachdem die Frau ins Flugzeug eingestiegen war und
sich hingesetzt hatte, wollte sie ihr Buch weiterlesen.
Sie griff in ihre Tasche und suchte nach dem Buch,
doch was sie in der Tasche fand, ließ sie erstarren.
Es war ihre Packung Kekse. Unberührt.

同女性は飛行機の中に搭乗し腰掛けた後で、本の続きを読もうと思った。
バッグの中に手を入れ本を探した、ところがどっこい、バッグの中に見出したモノ
で彼女は驚いた。自分が買ったクッキーの包みがあった。何ら手も付けられていない。


„Wenn meine Kekse hier sind“, dachte sie,
„gehörten die anderen Kekse ihm, und er hat sie mit mir geteilt“.

「わたしのクッキーがここにあるということは、、、」と彼女は思った。
「もう一つのクッキーはあの男の人のものだったのね、それをわたしと分け合ったのよね」

Sie fühlte sich schrecklich, aber es war zu spät.

彼女は気分が良くなかった。でも遅すぎた。

Sie konnte sich nicht mehr bei dem jungen Mann entschuldigen.

彼女としてはあの若者に失礼を詫びることももう出来なかった。

Sie hatte sich so über sein Verhalten aufgeregt,
dabei war eigentlich sie die unverschämte und undankbare Person,
die die Kekse stahl.

あの若者の態度に余りにも興奮した私、そもそも破廉恥で何ら感謝の気持ちも持たない、
クッキーを盗んだその当人とは実は私のことだったのだ。

Das Flugzeug glitt sanft durch den wolkenlosen Nachthimmel
und die Frau hatte ihre Lektion gelernt.

飛行機は雲一つない夜空をゆっくりと飛行、そして同女性は自分にとって教訓を一つ学んだ、とさ。





  ☆  ☆

雲一つない夜空、と作者は記していますが、夜空に雲があるかないか、分かるものなのでしょうか。

わたしも一度や二度夜空の中を飛行したことがあるかと思いますが、窓から外を覗いても何も見えない、
真っ暗であったことを記憶していますが。
posted by witzler at 17:17
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク Comment(0)人間模様